春夏連続出場へ 北海、逆転で春の道王者撃破

[ 2011年7月21日 06:00 ]

南北海道大会準々決勝 北海6―2函館大有斗

(7月20日 札幌円山)
 北海が春夏連続出場に向け、春季北海道大会優勝の函館大有斗に逆転勝利。準決勝進出を決めた。

 2年生エース・玉熊は4回に5連打で2点を失うなど、10安打を浴びながらも2失点完投勝利。「相手はいい投手だけど自分は自分。自分の投球をしようと思った」と玉熊。全国最多に並ぶ35度目の夏の甲子園出場にあと2勝と迫り、気持ちを引き締め直していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月21日のニュース