鹿児島実 野田が強打の城南から13K「変化球が低め決まった」

[ 2011年3月30日 14:01 ]

<城南・鹿児島実>2試合連続の完投で準々決勝へ進んだ鹿児島実・野田
Photo By スポニチ

第83回選抜高校野球2回戦 鹿児島実7―2城南

(3月30日 甲子園)
 1回戦に8点を挙げた強打の城南を相手に、鹿児島実の野田が13個の三振を奪う快投。「思うように制球が定まらなかったが、変化球が低めに決まった」と冷静に振り返った。

 6回までに7点を奪った打線について宮下監督は「(勝因は)先取点を取れたことに尽きる。(5回の3点は)野田に勇気を与える点数で、あのおかげで楽に投げさせられたかなと思います」と称えた。

 次戦はこの日の第3試合、東海大相模と大垣日大の勝者と対戦する。「どちらが来ても強豪ですので、チャレンジャーのつもりで一生懸命がんばりたいと思います」と謙虚に話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月30日のニュース