東海大相模エース「先に負けられない」後輩との決勝対決熱望

[ 2011年3月30日 17:37 ]

第83回選抜高校野球2回戦 東海大相模13―5大垣日大

(3月30日 甲子園)
 東海大相模のエース近藤が6回途中から3番手で今大会初登板した。「緊張してしまったが、最後は落ち着いて投げられた」とほっとした様子を見せた。

 昨秋の公式戦をほぼ一人で投げた大黒柱は、昨年11月に左足を手術。1、2回戦は控え投手陣が先発している。北海道出身で、同じく8強に残っている北海(北海道)のエース玉熊はシニアの後輩。「先に負けられない。決勝で戦いたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月30日のニュース