マー君12K完封!4・15甲子園“開幕”へ万全

[ 2011年3月30日 06:00 ]

<楽・西>3回、楽天の田中は、大島を空振り三振に打ち取る

練習試合 楽天3―0西武

(3月29日 ほっと神戸)
 楽天・田中将大投手(22)が29日、西武との練習試合(ほっと神戸)で9回5安打の完封勝利を飾った。3度の3球三振を記録するなど計12奪三振。100球の球数制限が課された一戦で無駄を省き、114球で投げきった。試合後には星野仙一監督(64)が今季初登板を15日のオリックス戦(甲子園)と明言。田中の今季は、駒大苫小牧時代に沸かせた聖地で幕開けする。

 ブルペンで中継ぎ投手が準備する中、田中は駆け足で9回のマウンドに向かった。100球の球数制限が課された試合で、8回まで94球。この回、1死から秋山に初四球を許すなど20球を要したが、114球できっちり無得点で締めた。シーズンの照準が定まり、集中力は自然と増した。

 試合後、開幕投手について問われた田中は「僕は何も知りません」と口を閉ざしたが、代わって星野監督が登板日を明かした。「俺は甲子園の第1戦に投げさせたい。持ちゲーム(主催)の開幕となった時に田中だなと思った。アイツは甲子園で生まれ育った。田中の方が盛り上がるだろう」。東日本大震災で本拠地・Kスタ宮城が使用できなくなり、今季初の主催試合4月15日のオリックス戦を甲子園で行うことが、この日正式に発表。指揮官は開幕投手最有力だった右腕を、2カード目に先発させることを決めた。これにより、4月12日のロッテとの開幕戦(QVCマリン)は、岩隈が務めることになった。

 そんな指揮官の期待に十分応える田中の投球内容。プロ4年間で唯一、同一リーグで完封していない西武を圧倒した。4番・中村からの3三振を含む12奪三振。3球三振も3つ記録し「球威もコントロールも全てよかった。3球勝負で、どんどんいこうと思っていた」と自画自賛した。

 「ユニホームを着たら野球に集中できている」と田中。被災地のことは気にかけながらも、自らの仕事に徹することが力になると理解している。自身の原点となった甲子園から、復興を支援する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月30日のニュース