本拠地デビュー飾った 松井3安打「気持ちの高ぶりあったかも」

[ 2011年3月30日 14:51 ]

ジャイアンツ戦の2回、中前打を放つアスレチックス・松井

オープン戦 アスレチックス1―4ジャイアンツ

(3月29日 オークランド)
 アスレチックスの松井秀喜外野手はジャイアンツ戦に「5番・指名打者」で出場。4打数3安打で、内容は中前打、右前打、中前打、空振り三振だった。チームは1―4で負けた。

 ここまで20試合で7安打しか打てなかった背番号55とは別人だった。「久しぶりにいい打席が続いた。甘い球をしっかり強いスイングで打てた」と振り返った松井。移籍後初の本拠地での試合に「自然と気持ちの高ぶりがあったのかもしれない」と認めた。

 開幕は目前。「このまま、いい形でつなげたい」と話す松井は、メジャー9年目を迎える態勢を整えてきた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月30日のニュース