3回以降は別人 九州学院「相手の威圧感感じたのかな」

[ 2011年3月30日 11:34 ]

<履正社・九州学院>3回のピンチで、先発の大塚(右から2人目)を励ます九州学院ナイン
Photo By スポニチ

第83回選抜高校野球2回戦 九州学院2―8履正社

(3月30日)
 1回戦の反省を生かして上々の立ち上がりを見せた九州学院先発の大塚だったが、履正社打線が1巡すると様相が変わった。

 3回以降、好球必打に徹した履正社に安打を浴び続け、5回まで10安打5失点。「相手打線の威圧感を感じたのかな。球が甘く入っていった」と坂井監督。打線も国学院久我山戦のように食い下がることができず、春は初めてとなる8強進出はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月30日のニュース