石川6回無失点!「走者を出してから粘れた」

[ 2011年3月30日 06:00 ]

<横・ヤ>ヤクルト先発・石川

練習試合 ヤクルト4―1横浜

(3月29日 横浜)
 ヤクルトの開幕投手が確実な石川が、6回を無失点に抑えた。

 幻のセ・リーグ開幕日に先発し、横浜打線を4回までわずか1安打。5回は死球、右前打などで1死満塁とされたが、森本を直球で三振、石川をスライダーで左飛に仕留めた。選手会長として開幕問題に取り組んだ疲れも見せず「走者を出してから粘れた。先頭打者に四球を不用意に出したところなどを(今後は)きっちりやっていきたい」と話した。

 ≪ドラ5の久古、3年目の石川開幕1軍へ≫ヤクルトの小川監督が、ドラフト5位の久古(日本製紙石巻)、プロ3年目の日高の左腕2人を開幕1軍に入れたい意向を示した。「結果が伴えばだが、2人いてほしい。試合時間が3時間半ということなので、左(の中継ぎ)は2人必要」と説明。日高は同点の7回、2死二塁の場面でワンポイントで登板して左打者の石川を三振。指揮官の期待に応える投球を見せた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年3月30日のニュース