「苦しかったけど」履正社エース 完投に笑顔

[ 2011年3月30日 12:29 ]

<履正社・九州学院>九州学院戦に先発した履正社の飯塚

第83回選抜高校野球2回戦 履正社8―2九州学院

(3月30日 甲子園)
 履正社のエース飯塚は2失点完投した。カットボールを効果的に使った。1回戦は左肩の肩甲骨付近の痛みで登板できなかっただけに「甲子園で完投できてうれしい。苦しかったけれど、強気で投げた」と笑顔を見せた。

 多少あるという痛みは、試合前日に全力投球できるまでに回復した。次戦はベスト4を懸けて智弁和歌山と近畿勢同士の対決。右腕は「投げられるのなら投げたい」と気合を入れた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月30日のニュース