西岡「本当に充実」のキャンプ打ち上げ

[ 2011年3月30日 06:00 ]

<ツインズ・パイレーツ>5回、適時打を放つ西岡

オープン戦 ツインズ4―3パイレーツ

(3月28日 リーカウンティ)
 ツインズ・西岡が充実の1年目キャンプを打ち上げた。28日(日本時間29日)、フロリダ州での最終戦となるパイレーツ戦で1安打1打点。5回2死二塁で遊撃手の後方に落ちるラッキーな適時打を放った。打率・346と好調を維持し「第一印象でいい評価をしてもらいたかった。いい結果も出たし、内容も濃い本当に充実した日を送れた」と日焼けした顔に満足感を漂わせた。

 キャンプイン18日前の2月5日に現地入り。異例の早さは自身をアピールする準備のためだった。キャンプ地では個人トレーナーと共同生活で自炊中心。リズムを乱すこともなかった。体重も例年通りの85キロで「ベストですね」。道具も打撃スタイルも変えず、206安打を記録した昨年と同じ調整ができた。

 本拠地ハモンド・スタジアムの1試合平均の観客数は開場21年目で最多の8090人。Tシャツなどのグッズが即完売し、集客で大きく貢献した西岡は「1番のユニホームを着ている人が見られたりとか、ちょっとずつ名前を覚えてもらえるのはうれしい」。試合後は29日(同30日)からのアトランタでのブレーブス2連戦に備え移動。公式戦用の球場で総仕上げする。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月30日のニュース