監督もルール知らなかった…履正社珍プレーも「怒られずに済んだ」

[ 2011年3月30日 12:08 ]

第83回選抜高校野球2回戦 履正社8―2九州学院

(3月30日 甲子園)
 履正社の左翼手・大西は「珍プレー。思い出に残るプレーをしてしまった」と苦笑いした。6回1死満塁で難しいライナーを好捕。二塁走者が飛び出しており、そのまま二塁へ駆け込んで併殺を完成させたが、走っている間に三塁走者に生還されてしまった。

 走らずにすぐに送球していれば余計な失点を防げた場面だった。「監督もルールを理解してなかったので、怒られずに済んで良かった。でも帰ったら勉強しないと」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月30日のニュース