土屋良 男子1万メートル制し2大会連続五輪、国内最高更新で長距離に光明

[ 2022年1月1日 05:30 ]

スピードスケート北京五輪日本代表選考会最終日 ( 2021年12月31日    長野市エムウェーブ )

男子1万メートル国内最高記録で優勝した土屋良(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 男子1万メートルは土屋良が自身の国内最高を8秒63更新して、2大会連続の五輪出場を決めた。最終25周目は「きつくて脚も限界だった」と上半身を大きく振って力を絞り出した。選考基準のタイムを0秒54突破。低迷が続く男子長距離に光が差す好走を見せ「メダルを獲る準備をして本番に臨みたい」と視線を上げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月1日のニュース