押切 女子5000メートル国内最高で代表滑り込み「たくさんの人のおかげ」

[ 2022年1月1日 05:30 ]

スピードスケート北京五輪日本代表選考会最終日 ( 2021年12月31日    長野市エムウェーブ )

女子5000メートル国内最高記録を出し、ガッツポーズの押切(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 女子5000メートルは押切が3大会連続の五輪出場を決めた。穂積雅子の国内最高を9年ぶりに0秒86更新。「想定していたタイムを上回ることができた。たくさんの人のおかげでここに戻ってこられた」と喜んだ。

 18年平昌五輪後はケガとモチベーション低下で一時競技を離れた。引退もよぎったが、20年10月の全日本距離別選手権で約2年半ぶりに実戦復帰。今大会は初日の3000メートル、この日の1500メートルで代表権を逃したが、最後の種目で滑り込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月1日のニュース