五輪代表15選手を発表 男子は新浜、森重ら 女子は小平、高木姉妹ら選出

[ 2022年1月1日 05:30 ]

スピードスケート北京五輪日本代表選考会最終日 ( 2021年12月31日    長野市エムウェーブ )

スピードスケート北京五輪日本代表に決まり意気込む(左から)土屋良、一戸、村上、新浜、森重、小島、小田(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 全日程が終了し、北京五輪日本代表が発表された。選出メンバーは以下の通り。

 ◇新浜 立也(しんはま・たつや)500メートルで19年に日本勢で初めて34秒を切り、33秒79の日本記録を樹立。20年世界選手権スプリント部門総合優勝。北海道・釧路商高、高崎健康福祉大出、同大職。25歳。北海道出身。

 ◇森重 航(もりしげ・わたる)今季、全日本距離別選手権を制しW杯の500メートルで初勝利を挙げた。山形中央高出、専大。21歳。北海道出身。

 ◇村上 右磨(むらかみ・ゆうま)500メートルで全日本距離別選手権2度優勝。今季W杯は最高2位。北海道・帯広工高出、高堂建設。29歳。北海道出身。

 ◇小島 良太(こじま・りょうた)1000メートルで今季の全日本距離別選手権初優勝。長野・屋代高、信州大出、エムウェーブ。23歳。長野県出身。

 ◇一戸 誠太郎(いちのへ・せいたろう)18年平昌大会に5000メートルと団体追い抜きで出場。5000メートルと1500メートルの日本記録保持者。山形中央高、信州大出、ANA。25歳。北海道出身。

 ◇小田 卓朗(おだ・たくろう)18年平昌大会の1000メートルと1500メートル5位。山形中央高、早大出、開発計画研究所。29歳。北海道出身。

 ◇土屋 良輔(つちや・りょうすけ)18年平昌大会に1万メートルと5000メートル、団体追い抜きで出場。1万メートルの日本記録を持つ。群馬・嬬恋高、専大出、メモリード。27歳。群馬県出身。

 ◇小平 奈緒(こだいら・なお)3度目の五輪だった18年平昌大会500メートル金、1000メートル銀メダル。団体追い抜きで10年バンクーバー大会銀メダル。500メートルの日本記録保持者。信州大出、相沢病院。35歳。長野県出身。

 ◇高木 美帆(たかぎ・みほ)1500メートルの世界記録保持者。18年平昌大会は団体追い抜きで金メダル、1500メートルで2位、1000メートルで3位。オールラウンドの18年世界選手権総合優勝。20年世界選手権スプリント総合優勝。日体大出、日体大職。27歳。北海道出身。

 ◇郷 亜里砂(ごう・ありさ)500メートルで8位だった18年平昌大会後に引退し、19年に復帰。山梨学院大出、イヨテツク。34歳。北海道出身。

 ◇佐藤 綾乃(さとう・あやの)18年平昌大会団体追い抜き金メダル。今季W杯1500メートルで最高2位。高崎健康福祉大出、ANA。25歳。北海道出身。

 ◇高木 菜那(たかぎ・なな)18年平昌大会の団体追い抜きとマススタートで優勝。五輪同一大会で日本女子史上初の2冠。北海道・帯広南商高出、日本電産サンキョー。29歳。北海道出身。

 ◇押切 美沙紀(おしぎり・みさき)14年ソチ、18年平昌大会代表。北海道・駒大苫小牧高出、富士急。29歳。北海道出身。

 ◇小坂 凜(こさか・りん)19年世界ジュニア選手権団体追い抜き優勝。山形中央高出、三重県スポーツ協会。20歳。北海道出身。

 ◇堀川 桃香(ほりかわ・ももか)20年世界ジュニア選手権3000メートル2位。北海道・大樹中出、北海道・白樺学園高。18歳。北海道出身。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月1日のニュース