【ニューイヤー駅伝・全37チーム成績】Hondaが初優勝、2位・SUBARU、3位・旭化成

[ 2022年1月1日 15:26 ]

第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会「ニューイヤー駅伝」(スポニチ後援) ( 2022年1月1日    群馬県庁発着=7区間、100キロ )

<ニューイヤー駅伝>7区、トップでゴールし胴上げされるHonda・土方(撮影・木村 揚輔) 
Photo By スポニチ

 第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会「ニューイヤー駅伝」(スポニチ後援)は1日、群馬県庁発着の7区間、100キロで37チームが参加して行われ、創部51年目のHondaが4時間51分04秒で初優勝を飾った。2位にSUBARU、3位には旭化成が入った。

 全37チームの成績は以下の通り。

【全チーム成績】

1位 4時間51分04秒 Honda

2位 4時間52分09秒 SUBARU

3位 4時間52分47秒 旭化成

4位 4時間52分49秒 三菱重工

5位 4時間54分08秒 トヨタ自動車

6位 4時間54分50秒 黒崎播磨

7位 4時間54分52秒 SGホールディングス

8位 4時間54分53秒 トヨタ自動車九州

※8位までが来年のシード権を獲得

9位 4時間54分58秒 GMOインターネットグループ

10位 4時間55分05秒 日立物流

11位 4時間55分19秒 トヨタ紡織

12位 4時間56分36秒 富士通

13位 4時間56分43秒 ヤクルト

14位 4時間56分45秒 マツダ

15位 4時間57分03秒 NTT西日本

16位 4時間58分02秒 中国電力

17位 4時間58分04秒 中電工

18位 4時間58分06秒 トーエネック

19位 4時間58分07秒 JR東日本

20位 4時間59分14秒 NTN

21位 4時間59分15秒 コニカミノルタ

22位 4時間59分26秒 愛三工業

23位 4時間59分29秒 住友電工

24位 4時間59分37秒 カネボウ

25位 5時間00分14秒 安川電機

26位 5時間00分40秒 小森コーポレーション

27位 5時間00分43秒 九電工

28位 5時間01分18秒 大塚製薬

29位 5時間01分20秒 中央発條

30位 5時間01分27秒 サンベルクス

31位 5時間01分35秒 YKK

32位 5時間01分53秒 戸上電機製作所

33位 5時間03分33秒 コモディイイダ

34位 5時間04分19秒 大阪府警

35位 5時間04分24秒 西鉄

36位 5時間06分36秒 JFEスチール

37位 5時間28分17秒 武田薬品

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月1日のニュース