×

寺本明日香、4位発進で復活アピール「戻ってきたんだってオーラを出したい」 体操全日本選手権

[ 2021年4月16日 00:03 ]

体操 個人総合全日本選手権 ( 2021年4月15日    群馬・高崎アリーナ )

全日本体操個人総合選手権 ゆかで華麗な演技を披露する寺本明日香
Photo By 代表撮影

 東京五輪選考を兼ねて開幕し、女子の予選が行われた。12年ロンドン、16年リオデジャネイロと2大会連続五輪代表の寺本明日香(25=ミキハウス)は4種目合計53・998点と4位発進し「100%完璧主義の自分の理想とは程遠いけど自信になった」と振り返った。

 昨年は2月に左アキレス腱を断裂。その後、厳しいリハビリを経て12月の全日本選手権に出場するも結果は13位。ショックのあまり「前回の13位がトラウマだったので怖くて恐怖で不安でしかなかった」と苦しんだ。

 現在はケガの影響も少なく「かなり良い感じ」。この日は跳馬で大技「チュソビチナ(前転跳び前方伸身宙返り1回半ひねり)」を成功させ、「(着地で)立てたことが進歩。自信になった」と手応え十分。床運動では、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)がかつてフリーで演じた「Origin」を使用しての構成を初披露し、華麗に舞った。

 狙うは完全復活からの今夏に迫った東京五輪への切符で、今大会の得点を持ち越して争う5月のNHK杯(長野)で3位以内に入れば獲得できる。「寺本明日香が戻ってきたんだってオーラを出したい。自分を信じてやっていきたい」と闘志を燃やした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月15日のニュース