×

体操全日本選手権が開幕 村上茉愛が連覇へ向けて首位発進「良い気分で決勝に進める」 

[ 2021年4月15日 23:08 ]

体操 個人総合全日本選手権 ( 2021年4月15日    群馬・高崎アリーナ )

全日本体操個人総合選手権 段違い平行棒を終えてグータッチを交わす村上茉愛
Photo By 代表撮影

 東京五輪選考を兼ねて開幕し、女子の予選が行われた。2大会連続5度目の優勝を狙う村上茉愛(24=日体ク)は4種目合計56・266点で貫禄の首位発進。「確実に1位通過できたので良い気分で決勝に進める」と笑顔を見せた。

 この日の最初の種目は平均台。昨年12月の全日本を終えてから冬の間に平均台で14点を目標に掲げて練習し「入念にやってきた」というが、今年の初戦とあって「緊張していた。大きくつまずいてもったいなかった」とミスが出て13・433点だった。

 それでも、その後の3種目は堂々の演技。得意の床運動では今夏の東京五輪を見据えた新曲を投入し「今までのプログラムの中で一番息があがるけど、その分表現力を追求することができる」と手応えを口にした。目指すは2大会連続の五輪切符。今大会の得点を持ち点に争う5月のNHK杯(長野)で3位以内に入れば手にできる。体操女子のエースは「代表選考で優勝して入りたい。決勝もミスなく確実に取りにいって思い切って演技したい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月15日のニュース