×

松山Vは「アジアパシフィック・アマチュア選手権の創設が大きかった」AP通信が指摘

[ 2021年4月15日 05:30 ]

 AP通信はアジア勢初の快挙を成し遂げた松山について、優勝者が翌年のマスターズに招待されるアジアパシフィック・アマチュア選手権の創設が大きかったと指摘した。

 マスターズと全英オープンの共催で09年に大会が初開催され、アジア勢に門戸が広がったと分析。松山が優勝した10年大会には米ツアー1勝の小平智もいたと紹介し、18年大会優勝の金谷拓実に「松山に続く存在。同じ東北福祉大に進学し、似た道を歩んでいる」と期待した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月15日のニュース