×

入江、競泳日本代表主将決定「そっと背中を押してあげるようなキャプテンに」

[ 2021年4月15日 05:30 ]

入江陵介
Photo By スポニチ

 男子背泳ぎで4大会連続の五輪出場となる入江陵介(31=イトマン東進)が競泳日本代表の主将に決まった。

 チーム最年長で、これまでも世界選手権などで主将経験がある入江は「自然体でいられる雰囲気をつくりたい」と抱負を語った。自由形の松元克央ら頼もしい若手の存在に「競技面で引っ張ってくれる人はいるので、僕はそっと背中を押してあげるようなキャプテン像を思い描いている」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月15日のニュース