×

3種目の代表の瀬戸、100日後見据え「どれだけ本気になれるか」

[ 2021年4月15日 05:30 ]

オンラインで取材に応じる瀬戸(日本水泳連盟提供)
Photo By 提供写真

 3種目で代表権を得た瀬戸大也(26=TEAM DAIYA)は100日後を「どれだけ本気になれるかが試される」と見据えた。

 メジャーリーグで活躍する同年代の大谷翔平やゴルフで日本人初のメジャー制覇を達成した松山英樹らに「力をもらっている。自分も負けずに頑張りたい」と刺激を受けた様子。優勝を公言する個人メドレー2種目については「思い描くレースができれば金メダルはついてくる」と自信を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月15日のニュース