×

世界女王シェルバコワ「温かい支援を受けることができた」SP1位の81・07点

[ 2021年4月15日 19:04 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦第1日 ( 2021年4月15日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦第1日>女子SP、演技をするシェルバコワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラム(SP)で世界選手権女王のアンナ・シェルバコワ(ロシア)は自己ベストを更新する81・07点をマークし、1位だった。後半のルッツ―ループの連続3回転など全てのジャンプで加点が付き、スピン、ステップも最高のレベル4でそろえた。「落ち着いてミスをせずに演技した。達成したいことは達成した。課題にこだわらずに演技できた」と振り返った。

 初頂点に立った世界選手権は無観客だったが、この日は観客の声援を受けた。「とても印象深い。たくさんの温かい支援を受けることができた。日本はフィギュアスケートに関心が高い国。その声援を受けて演技できた」と語った。

 17日のフリーに向けては「全てのジャンプをきれいに決めたい。自分ができる最大限を出したい」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月15日のニュース