サーフィン前田マヒナ&野呂玲花が吉本興業所属に「海を守りたい」

[ 2021年4月5日 14:06 ]

吉本興業所属発表会見に臨み、記念撮影で板に乗る真似をする前田マヒナ(左)と、波の真似をする野呂玲花
Photo By スポニチ

 プロサーファーで東京五輪代表候補になっている前田マヒナ(23)と野呂玲花(26)が5日、吉本興業と所属契約を結び、東京都内で発表会見に臨んだ。会見には南海キャンディーズのしずちゃん、おかずクラブ、ゆりやんレトリィバァも登場。4人との掛け合いに、英語よりも苦手な日本語で応じた日本女子第一人者の前田は、「アスリートだから、そこまで面白いところを見せられないけど、父も大阪の人なので、どこかで面白いところを見せられると思う」と予告し、笑いを誘った。

 前田はあす6日には生まれ故郷で自宅のある米ハワイに戻り、五輪代表入りを懸けて5月29日~6月6日のワールドゲームズ(世界選手権に相当、エルサルバドル)に出場する。当面は競技に集中する予定だが、吉本興業とともに「サーフィンをもっと広めたいし、海のことを守りたい。吉本と一緒に取り組みたい」と意欲を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース