50歳・杉浦、自転車パラ代表内定!世界選手権女子で2種目優勝経験

[ 2021年4月5日 05:30 ]

 東京パラリンピックの自転車代表に、世界選手権のロード2種目で優勝経験がある女子で50歳の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス)が内定した。

 4日までに日本パラサイクリング連盟が発表した。運動機能障がいの杉浦は、17年世界選手権でタイムトライアルを制し、18年にはロードレースで頂点に立った。日本には既に男子3、女子2の出場枠が配分されており、最終的な出場枠は6月中旬に確定する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース