池江の代表活動に平井ヘッド「体調面最優先で、できるところは合流してもらう」

[ 2021年4月5日 05:30 ]

競泳日本選手権兼東京五輪代表選考会第2日 ( 2021年4月4日    東京アクアティクスセンター )

レースを見守る日本代表・平井ヘッドコーチ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本代表の平井伯昌ヘッドコーチ(57)は池江の泳ぎに「集中力、力を出し切る能力は天才的。年がいもなく感動しました」と感嘆した。

 予選、準決勝で課題となったターンやラストの泳ぎを修正した内容に「テクニック面でもメンタル面でも本当に感心させられた」と称えた。今後の代表活動については「体調面を最優先する中でできるところは合流してもらう形を取るのでは。彼女が入ってくれることで勇気づけられるし戦力として頼もしい」と話した。

 また、池江を指導する西崎コーチは「彼女が目標としてきた日本一を獲れたことがうれしい。良かった」と、かみしめるように話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース