河本 罰金ちらつき失速39位、スロープレー警告「払うの嫌」でリズム狂う

[ 2021年4月5日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ANAインスピレーション第3日 ( 2021年4月3日    カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

ANAインスピレーション第3日、5番でティーショットを放つ河本。39位に後退
Photo By 共同

 12位から出た河本結(22=リコー)は75で回り通算1アンダー、215の39位となった。同じく12位で出た笹生優花(19=ICTSI)は77で1オーバーの53位と大きく後退した。74で回った畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は2オーバーで61位。初日から首位のパティ・タバタナキット(21=タイ)が67をマークし通算14アンダーに伸ばし後続に5打差をつけた。

 上位争いから後退した河本は「上位に行くのに必要な技術や体力が備わっていない」と厳しく自己分析した。

 2番でバーディーを奪うなど前半は順調だった。しかしスロープレーについて警告が入ったことでリズムが狂ったという。16番は右ラフを渡り歩いた末に4メートルのパーパットを外した。17番パー3では1打目をグリーン左のバンカーに打ち込み、2打目でも乗せられずダブルボギー。「アンラッキーが多く、耐える日だなと思ったけど、上がり(16、17番)で3つオーバーしたのはもったいなかった」と悔しさをにじませた。

 米ツアーでは今季罰則が強化され、前週の大会で若手選手が1万ドル(約111万円)の罰金を科せられたばかり。「全然集中できなかった。罰金を払うのが嫌過ぎて。集中できない自分の未熟さを感じた」と反省した。

 最終日は午前のスタートとなった。「風が穏やかな時間にプレーできるので、スコアを伸ばしたい」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース