東京五輪切符の池江「57秒台出ると思わず」「バタフライで可能性があるとは」

[ 2021年4月5日 05:30 ]

競泳日本選手権兼東京五輪代表選考会第2日 ( 2021年4月4日    東京アクアティクスセンター )

表彰台でメダルを手にする池江(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 白血病から復帰した池江璃花子(20=ルネサンス)が東京五輪切符を手にした。女子100メートルバタフライ決勝に出場し、57秒77で3年ぶりに優勝。女子400メートルメドレーリレーの派遣標準記録(57秒92)を突破して、16年リオデジャネイロ五輪に続く2大会連続の五輪代表に内定した。

 【池江に聞く】
 ――レースを振り返って。
 「タイムは58秒1くらい出ればいいと思っていたので、57秒台が出ると思っていなかった。順位が1と見えた瞬間に驚いた。うれしかったし、本当にいまだに整理がついていない感覚です」

 ――前日の予選、準決勝を泳いで体の状態はどうだった?
 「昨日の1本目の予選のレースはまあまあいい感じで泳げていた。準決勝は2本目の疲れで後半体が動かなかったけど、今日は1発だけのレースなので、あんまり心配はしていなかった」

 ――優勝までの道のりを振り返って。
 「泳いでも誰にも勝てなかった(練習再開直後の)時のことを一番はじめに思い出した。(2月に)1発目の100メートルバタフライを泳いだ時は100メートルバタフライで活躍できるのは凄く先になると思っていた。ただ今回もし負けても、来年はもう負けることはないだろうという気持ちでこのレースに臨んだ」

 ――東京五輪のメドレーリレーの派遣標準記録を上回った。
 「うれしい気持ちは凄くあるが、本当に自分が内定しているのかという複雑な感情がある。バタフライで可能性があると思っていなかった。行けるとしたら100メートル自由形のリレーと思っていて(東京五輪は)若干頭にあったり、なかったりという感じだった」

 ――東京五輪の位置づけは?
 「いい経験にして次の五輪につなげたい。五輪に向けてさらにタイムを伸ばしていくのを目標にする。本番でタイムを上げられる練習をしたい」

 ――心の中の桜は何分咲きか。
 「今は七分か八分ぐらい」

 ――満開になるには?
 「いつか五輪で金メダル、もしくはメダルを獲れたらかな」

 【池江の復帰経過】
 ▼19年2月12日 ツイッターで白血病を公表。
 ▼同3月6日 ツイッターで「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」と心境を告白。
 ▼同3月13日 「まだまだ諦めないぞー」と東京五輪出場への思いをつづる。
 ▼同4月2日 世界選手権の代表選考会を兼ねた日本選手権を欠場。
 ▼同4月8日 日大入学。
 ▼同6月5日 公式サイトで5月下旬に一時退院したことを報告。
 ▼同9月6日 日本学生選手権を観戦。白血病公表後、初めて公の場に現れる。
 ▼同12月17日 退院し、24年パリ五輪を目指す意向を表明。
 ▼20年3月17日 公式サイトなどで406日ぶりにプールに入る姿を公開。
 ▼同6月16日 所属するルネサンスで競泳ヘッドコーチを務める西崎氏の指導で練習を行うことを発表。
 ▼同7月2日 白血病公表後、初めて報道陣に練習を公開。
 ▼同7月23日 東京五輪開幕の1年前セレモニーに出演。世界に向けてメッセージを発信。
 ▼同8月29日 東京都特別大会の50メートル自由形に出場し、594日ぶりにレース復帰。タイムレースで26秒32で5位に入った。  ▼21年1月23日 北島康介杯の100メートル自由形で4位に入り、日本選手権の参加標準記録を突破。
 ▼同2月7日 ジャパン・オープンの50メートル自由形で2位に入り、復帰4戦目で初の表彰台に立った。
 ▼同2月20日 東京都オープンで復帰後初めて女子100メートルバタフライに出場し3位。
 ▼同2月21日 東京都オープンの女子50メートルバタフライで復帰後初優勝。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース