バレー男子 日本代表登録選手を発表 石川祐希が主将、柳田将洋ら24人選出

[ 2021年4月5日 15:58 ]

バレーボール男子日本代表の石川祐希
Photo By スポニチ

 日本バレーボール協会は5日、日本代表男子の登録選手を発表し、絶対的エースの石川祐希(25=ミラノ)ら24人が名を連ねた。石川は主将を務める。チームは同日から29日まで合宿を実施し、今後は5月1、2日に東京五輪テストマッチとして有明アリーナで中国と対戦、同8、9日には高崎アリーナで紅白戦を行う。今夏の東京五輪へ向けて本格的に始動する。

 選出された24人は以下の通り。

<アウトサイドヒッター>
石川祐希(ミラノ)
福澤達哉(パナソニック)
柳田将洋(サントリー)
高梨健太(名古屋)
富田将馬(東レ)
大塚達宣(早大)
高橋藍(日体大)

<オポジット>
清水邦広(パナソニック)
大竹壱青(パナソニック)
西田有志(ジェイテクト)
宮浦健人(ジェイテクト)

<ミドルブロッカー>
小野寺太志(JT広島)
山内晶大(パナソニック)
李博(東レ)
高橋健太郎(東レ)
福山汰一(ジェイテクト)
佐藤駿一郎(東海大)

<セッター>
藤井直伸(東レ)
深津英臣(パナソニック)
関田誠大(堺ブレイザーズ)
大宅真樹(サントリー)

<リベロ>
古賀太一郎(FC東京)
山本智大(堺ブレイザーズ)
小川智大(名古屋)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース