松山は1つ伸ばし30位 来週のマスターズへ「今週見つかった課題を克服したい」

[ 2021年4月5日 08:16 ]

米男子ゴルフツアー バレロ・テキサス・オープン最終日 ( 2021年4月4日    テキサス州TPCサンアントニオ=7494ヤード、パー72 )

松山英樹
Photo By スポニチ

 26位から出た松山英樹(29=LEXUS)は1イーグル、5バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの71で回り通算3アンダーの30位だった。

 ジョーダン・スピース(27=米国)が66をマークし18アンダーで優勝した。

 松山は出入りの激しいゴルフになった。2番と4番でバーディーを奪ったが、6番でボギーを叩き、9番はティーショットを左の林に入れてスコアを落とした。後半は10番でボギー。パー4の11番で左ラフから残り133ヤードの2打目を直接放り込んでイーグルを奪ったが、続く12番でボギー。14番のバーディーを奪った直後の15番でダブルボギー。16、17番の連続バーディーで巻き返した。

 来週のマスターズに向けて「来週はメジャーなので、今週見つかった課題を克服していけたら。根本的なズレが多くある。切り替えて準備できたらいい。ミスの幅が少なくなれば打てない所にはいかないと思うので、しっかり良い状態になるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース