レスリング女子50キロ級・須崎 五輪アジア予選へ「何が何でも優勝して代表を決めたい」

[ 2021年4月5日 05:30 ]

五輪アジア予選に向け、オンライン取材に応じる須崎

 レスリングの五輪アジア予選(9~11日、カザフスタン)の女子50キロ級に出場する須崎優衣(21=早大)が4日、オンライン取材に応じ、2位以上で東京五輪代表に内定する大一番へ「何が何でも優勝して代表を決めたい」と意気込んだ。

 実戦は五輪予選出場権を獲得した19年12月の全日本選手権以来。国内のし烈な代表争いを勝ち抜いただけに、「日本の最軽量級は常に金メダルを獲ってきた階級。覚悟と責任を持って戦いたい」と決意を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月5日のニュース