阿部詩ら 3・5開幕柔道GSタシケント大会へ出発、試合勘取り戻す

[ 2021年2月28日 05:30 ]

阿部詩
Photo By スポニチ

 柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会(3月5~7日、ウズベキスタン)に出場する東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩(日体大)ら日本選手団が羽田空港から出発。1年1カ月ぶりの実戦に臨む阿部は「試合ができる喜び、楽しみ、ブランクへの不安もあるが、試合勘を取り戻し、緊張感の中でどう動けるか試したい」と大会のテーマを語った。

 この1年間はケガが多かったこともあり、練習の質と量のバランス見直しに着手。低い姿勢からの技、捨て身技など幅を広げる練習にも取り組んだといい、「自分の柔道を出し切りたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月28日のニュース