瀬古氏「1億円…あげたい」 鈴木健吾が日本新も報奨金なしに「残念だな、悔しいな、という思い」

[ 2021年2月28日 14:53 ]

びわ湖毎日マラソン ( 2021年2月28日    滋賀県大津市・皇子山陸上競技場発着 42・195キロ )

日本陸連の瀬古利彦氏
Photo By スポニチ

 鈴木健吾(25=富士通)が、2時間4分56秒の日本新記録で初優勝。大迫傑(ナイキ)の持っていた日本記録の2時間5分29秒を33秒更新する好タイムを叩き出し、今大会を最後に滋賀での開催を終えて大阪マラソンに統合される「びわ湖毎日マラソン」の“ラストラン”に花を添えた。

 この結果に日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも満足顔。レース後の会見には笑顔で登場し「日本の歴史を変えるレースになった。リーダーとして、こんなにうれしいことはない。まさか、4分台が出るとは夢にも思っていなかった。これからは(2時間)4分56秒が一つのターゲットになって、男子マラソンは4分が当たり前、3分台の歴史をつないでいくという時代に入った」と語った。

 喜びの一方で、報奨金制度には複雑な心境を吐露。これまで日本記録を樹立すると日本実業団連合から報奨金として1億円が贈られてきたが、昨年度で報奨金制度が終了していた。「本当なら1億円…あげたい。俺も持ってないからね。なんか、ね。あの、残念だな、悔しいな、という思い」と本音をこぼした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月28日のニュース