川内優輝 109回目のマラソンで自己記録!2時間07分27秒マーク

[ 2021年2月28日 12:13 ]

びわ湖毎日マラソン ( 2021年2月28日    滋賀県大津市・皇子山陸上競技場発着 42・195キロ )

川内優輝
Photo By スポニチ

 今大会を最後に滋賀での開催を終え、大阪マラソンに統合されるびわ湖毎日マラソンが28日、大津市・皇子山陸上競技場発着の42・195キロで行われ、109回目のマラソンとなった川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損害保険)が自己記録の2時間07分27秒をマークして10位に入った。優勝は、2時間04分56秒の日本記録を叩き出した鈴木健吾(25=富士通)。

 川内はレース序盤、1キロ3分ペースの第2集団につけ、粘り強く走り抜いた。これまでの自己記録は、13年のソウル国際マラソンでマークした2時間8分14秒。持ち味の粘り強さで自己記録を47秒更新した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月28日のニュース