【箱根駅伝】創価大、最後に力尽きるもネットに称賛続々「来年も楽しみ」「感動する走り」

[ 2021年1月3日 14:17 ]

第97回東京箱根間往復大学駅伝 復路   5区間109・6キロ ( 2021年1月3日    神奈川・箱根町~東京・大手町 )

<第97回箱根駅伝 復路・戸塚中継所>9区・石津(左)にたすきをつなぐ創価大・8区の永井(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 第97回東京箱根間往復大学駅伝・復路は3日、神奈川・箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに21チームが参加して行われた。往路で優勝を飾った創価大は9区までトップを守ったが、ゴールが目前に迫った10区で駒大に抜かれ、初の総合優勝を惜しくも逃した。

 それでもネット上では創価大ランナーたちを称える投稿が続々。「十分な実力を発揮してた」「感激」「悔しさをバネに来年頑張れ!」「とても熱かった!」「来年も楽しみです」「惜しかった」「感動する走りを見せてくださり本当にありがとうございました!」「創価大の選手たちはよく頑張った」「この悔しい経験を来年に繋げてほしい」と、ねぎらいやエールが寄せられた。

 また、しびれるレース展開にも絶賛の声。「ドッキドキの展開だった!!」「まさに歴史に残る逆転劇」「ひっくり返したすごいよ駒大…!」「ビックリした…すごいなあ…ドラマやなあ…」「感動した」「劇的な展開…」「最後まで目が離せませんでした」「胸がアツくなりました」などと相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2021年1月3日のニュース