張本 2年ぶりの男子シングルスVへ切り替え「絶対負けない」

[ 2020年1月17日 05:30 ]

卓球 全日本選手権第4日 混合ダブルス決勝 ( 2020年1月16日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

混合ダブルスで準優勝に終わり肩を落とす張本智和(左)と長崎美柚(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 張本は2年連続で決勝で敗れ「(伊藤・森薗組は)連係がどこよりも良いし、まだ僕たちはバラバラなところがあった」と反省した。

 それでも「去年と同じスコアだけど良い内容でプレーできた」と手応えも示し、男子シングルスでは「ミックスの決勝から良い形で入ることができた」とストレート発進。混合ダブルスの雪辱と2年ぶりの王座奪還へ「取り返したい。絶対負けないという気持ちがあります」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月17日のニュース