本格参戦2年目の“逸材”ハマモト 暫定首位発進「大きな大会に出られて感謝です」

[ 2020年1月17日 05:30 ]

男子ゴルフツアー SMBCシンガポール・オープン第1日 ( 2020年1月16日    シンガポール・セントーサGCセラポンC=7397ヤード、パー71 )

最終9番を終えて同組の稲森(左)と握手を交わすタイのコウスケ・ハマモト
Photo By スポニチ

 アジアンツアー本格参戦2年目のハマモトが暫定ながら首位発進。「こんな大きな大会に出られて感謝です。まだ、3日間あるので優勝はまだ」。

 ジュニア時代はタイのナショナルチームで活躍し、昨年9月の台湾の試合で2位に食い込み実質プロ1年目で賞金シードを獲得した逸材。父は日本人、母はタイ人。漢字名は浜本康介。正月は日本で過ごし、祖母のいる愛媛を訪ねることも。今季は日本のツアー予選会にも挑戦するという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月17日のニュース