7人制ラグビー日本代表・松井「空中戦でも進化見せたい」 国際大会Wシリーズに出発

[ 2020年1月17日 05:30 ]

ワールドシリーズ・ハミルトン大会に向けて出発した松井
Photo By スポニチ

 7人制ラグビー男子日本代表が、国際大会のワールドシリーズ(WS)第3戦ハミルトン大会(25、26日、ニュージーランド)に向け成田空港から出発し、東京五輪出場を目指す松井千士(25=サントリー)は「攻撃には自信がある。空中戦でも進化を見せたい」と意気込みを語った。

 首脳陣は五輪代表候補約30人を、WSシドニー大会(2月1、2日)との2大会に振り分けて争わせる方針。アピールの場は多くないだけに、ゲーム主将を務める予定の松井も「サバイバルは意識している。チームとして勝ちながら、サバイバルにも勝つ」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月17日のニュース