池村「へたくそ、本当にへたくそ」2差2位も終盤ボギーに悔しさ爆発

[ 2019年5月11日 05:30 ]

男子ゴルフツアー アジアパシフィック・ダイヤモンド・カップ第2日 ( 2019年5月10日    千葉県 総武CC総武C=77333ヤード、パー71 )

1番、ダイヤモンドカップを背にティーショットを放つ池村寛世(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 14番で5アンダーとしトップに立った23歳の池村だが、残り4ホールで3ボギーと乱れ「へたくそ、本当にへたくそ」と悔しそう。17番は左の林に入れた上にアプローチのミス、18番はグリーン奥から寄せた1メートルを外した。

 トップとは2打差の2位だが、得意の1Wに不安を残すようで「ビッグスコアは期待していない。優勝争いができる順位に付けたい」と粘りのゴルフを目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月11日のニュース