陸上世界リレー 今年4回目で日本初開催 混合2人制1600mリレーなども

[ 2019年5月11日 20:30 ]

 陸上世界リレー大会は11日、ドーハ世界選手権(9月開幕)の出場権を懸けて横浜・日産スタジアムで開幕。男子400メートルリレーの予選が同日午後9時から行われ、日本は新布陣で3組に出場する。

 リオ五輪銀メダルメンバーのケンブリッジ飛鳥(25=ナイキ)と飯塚翔太(27=ミズノ)を欠く中、これまで1走を務めていた山県亮太(26=セイコー)が2走に、3走の桐生祥秀(23=日本生命)が代表初アンカーと区間変更。

 1走は2年前のロンドン世界選手権と同じ多田修平(22=住友電工)、3走はアジア大会200メートル金メダルの小池祐貴(23=住友電工)が務める。

 ▽世界リレー 2014年に第1回が行われ、第3回から隔年の奇数年開催になった。今年が4回目。これまで、バハマの首都ナッソーで熱戦が繰り広げられた。東京五輪種目の男女の400メートルリレー、男女の1600メートルリレー、混合の1600メートルリレーの5種目のほかにも、男女の800メートルリレー、混合2人制1600メートルリレー、混合シャトル障害リレーの4種目も行われる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月11日のニュース