ウルフパック No・8姫野が豪遠征初戦先発「成長が試される」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

先発が決まった姫野
Photo By スポニチ

 ラグビーW杯日本代表候補で編成する特別チーム「ウルフパック」は10日、オーストラリア遠征初戦となる12日のブランビーズB戦(キャンベラ)の登録メンバー25人を発表し、No・8姫野和樹(トヨタ自動車)の先発が決まった。

 故障で日本国内での強化試合2戦を欠場した姫野は「自分たちがどれだけそこ(ニュージーランドでの初戦)から成長できたかが試される」と気を引き締めた。故障で今季まだ実戦出場がなかったプロップ具智元(グジウォン=ホンダ)らもリザーブ入りした一方、恥骨炎を発症していたリーチ・マイケル主将(東芝)は欠場となった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月11日のニュース