陸上世界リレー 侍新布陣!2走に山県、桐生は代表初アンカーに「何走でも準備してきた」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

金メダルに向けて意気込む(左から)桐生、小池、山県、多田                               
Photo By スポニチ

 陸上世界リレー大会は11日、ドーハ世界選手権(9月開幕)の出場権を懸けて横浜・日産スタジアムで開幕する。男子400メートルリレーに新布陣で挑む日本はダブルエースが直線区間を担当。代表初アンカーの桐生祥秀(23=日本生命)が「何走でも準備してきた。メダルを狙っていきたい」と意気込みを語った。

 リオ五輪銀メダルメンバーのケンブリッジ、飯塚を欠く中、これまで1走を務めていた山県亮太(26=セイコー)が2走に、3走の桐生がアンカーと区間変更。土江寛裕ヘッドコーチは「桐生は直線の爆発的なスピードが武器。山県はスピードの持続力があり2走向き。(現状で)一番のオーダーと思う」と起用の理由を明かした。

 1走は2年前のロンドン世界選手権と同じ多田修平(22)、3走をアジア大会200メートル金メダルの小池祐貴(23=ともに住友電工)が務める。リレー侍でお決まりの「侍ポーズ」も4人で練習済み。山県は「2走は久々だが僕の2走をたくさんの人に見てほしい」と自信を見せた。 (河西 崇)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月11日のニュース