A東京がBリーグ連覇、東地区3位から下克上 MVP馬場「みんなで勝ち取った勝利」

[ 2019年5月11日 17:02 ]

バスケットボールBリーグ1部チャンピオンシップ決勝 ( 2019年5月11日    横浜アリーナ )

バスケットボール男子Bリーグで2連覇を果たし、喜ぶA東京の選手たち
Photo By 共同

 東地区1位の千葉と同3位のA東京が対戦し、昨季は同カード、同会場の決勝で初優勝を飾ったA東京が71-67で勝利し、連覇を達成した。

 今季のレギュラーシーズンでは千葉に1勝5敗と圧倒されたA東京だが、田中大貴が「今までの対戦成績とかよく言われるけど、このファイナルはまったく新しい試合だと思っている」と話していたように、大一番で勝負強さを発揮。前半を35-33で折り返すと、第3クオーター(Q)序盤に竹内譲次が連続で3点シュートを決めて流れを呼び込んだ。

 64-45と大差をつけて最終第4Qへ。悲願の初優勝を目指す千葉が連続得点で追い上げ、終盤に2点差まで詰め寄られたが、なんとか逃げ切った。戴冠を告げるブザーが響くと、コートに歓喜の輪が広がった。

 MVPの馬場雄大は「最高です。気持ちの勝負になると思った。みんなで勝ち取った勝利」と胸を張った。

 東地区3位のワイルドカードからプレーオフのチャンピオンシップで中地区1位の新潟、西地区1位の琉球を下し、決勝ではレギュラーシーズン史上最高勝率(・867)をマークした千葉を撃破。見事な下克上で、2年連続で頂へ駆け上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月11日のニュース