元貴乃花親方が「相撲道場」設立を申請 青少年の育成目指して

[ 2019年5月11日 05:30 ]

元貴乃花親方の
Photo By スポニチ

 元貴乃花親方(元横綱)の貴乃花光司氏(46)が10日、所属事務所の公式サイトで「一般社団法人貴乃花道場」の設立申請を行ったと発表した。目的として相撲道を通じた青少年の育成や、世界の人々の充実した人生に寄与することなどを挙げている。

 貴乃花氏は19日に都内のホテルで関係者を集め再出発を期して「貴乃花御縁会」と題したパーティーを開催する。その終了後に会見を開いて「貴乃花道場」の詳細と今後の動向について説明する。パーティーの発起人には社団法人の理事長である元ユネスコ事務局長の松浦晃一郎氏や山下泰裕全日本柔道連盟会長らが名を連ねている。貴乃花氏には参院選の出馬の噂が根強くあるが、既にCMの撮影も行っており関係者は「(可能性は)ない」と話している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月11日のニュース