“黄金世代”渋野日向子 通算10アンダーまで伸ばしトップに

[ 2019年5月11日 15:02 ]

女子ゴルフツアー ワールドレディース・サロンパス・カップ第3日 ( 2019年5月11日    茨城県茨城GC東コース=6500ヤード、パー72 )

渋野日向子
Photo By スポニチ

 最終組が9番までプレーし、1打差の2位から出た、の渋野日向子(20=RSK山陽放送)がボギーなしの5バーディーをマーク。通算10アンダーまで伸ばしてトップに立った。

 アマチュアの吉田優理(19)も2つスコアを伸ばして通算7アンダーで2位。首位から出たペ・ソンウ(25=韓国)は前半はパープレーで通算6アンダーで3位に後退した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月11日のニュース