錦織「ミスがなければ…」悔しい3回戦敗退 足りないのは「自信」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

テニス マドリード・オープン ( 2019年5月9日    スペイン・マドリード )

3回戦で敗退した錦織(AP)
Photo By AP

 9日に行われた男子シングルス3回戦で、第6シードの錦織圭(日清食品)は4大大会3勝で世界ランキング34位のスタン・バブリンカ(スイス)に3―6、6―7で敗れた。錦織は「惜しいミスがなければ…」と悔やみきれない様子で勝負の分かれ目を振り返った。

 第2セットのタイブレークは0―2からラリー戦で攻めながら好機のスマッシュはオーバーし、3―4から狙ったフォアハンドのドロップショットはラインを割った。「チャンスを逃してしまった」。ツアー優勝を飾ったシーズン序盤の勢いは薄れ、足りないものは「自信」だと認める。爆発力を欠く現状の打破には、白星という結果が何よりの特効薬になる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月11日のニュース