紀平、米合宿から帰国 4回転ジャンプも「成長できた」

[ 2019年1月28日 05:30 ]

米コロラド州での合宿から帰国した紀平梨花
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子の紀平梨花(関大KFSC)が27日、米コロラド州での強化合宿を終えて成田空港に帰国し、「毎日充実していた。10日間で、10日以上の練習量を詰め込めた」と明るい表情で語った。

 重点を置いたのがフリーの振り付けの手直しで、振付師のトム・ディクソン氏の指導の下で、「(動きの)角度や表情とか、教えてもらった。自分でも変わったと思う」と手応え。2月の四大陸選手権(米アナハイム)は、「自己ベストを更新できるように」と目標を定めた。4回転ジャンプも、「10日間で成長できた」とし、来季の導入に前向きだった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース