男子は22歳石松が初制覇 ただ一人3つの課題をクリア

[ 2019年1月28日 05:30 ]

スポーツクライミング ボルダリング・ジャパンカップ最終日 ( 2019年1月27日    東京・駒沢屋内球技場 )

表彰台で笑顔の石松(左)と野中(撮影・大塚 徹)   
Photo By スポニチ

 男子は22歳の石松が初制覇した。第1課題は最初のトライで成功する“一撃”を披露し、ただ一人3つの課題をクリア。「子供の頃から優勝するのが夢だったので最高にうれしい」と笑みを浮かべ、「自分の登りに集中できた」と勝因を分析した。

 16年世界選手権王者の楢崎は2位。最終第4課題での逆転に懸けたが完登できず、「優勝する流れと思ったけど」と振り返っていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース