日本、男子フルーレ団体 ポーランド、仏に連勝して5位

[ 2019年1月28日 05:30 ]

フェンシング 高円宮杯ワールドカップ最終日 ( 2019年1月27日    東京・港区スポーツセンター )

5位に入り笑顔を見せる(左から)鈴村、敷根、西藤、松山の日本チーム
Photo By 共同

 男子フルーレ団体が行われ、西藤俊哉、敷根崇裕、鈴村健太(以上法大)松山恭助(早大)で臨んだ日本は5位だった。世界ランキング6位の日本は初戦の2回戦で英国に45―30で快勝したが、準々決勝で同4位の韓国に36―45で敗れた。5〜8位決定戦ではポーランド、フランスに連勝した。決勝はイタリアが米国に45―43で競り勝ち、優勝した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース