初V玉鷲、豪快な突きとは裏腹に繊細な性格 趣味は洋菓子作り

[ 2019年1月28日 09:45 ]

大相撲初場所千秋楽   ○玉鷲―遠藤● ( 2019年1月27日    両国国技館 )

優勝力士インタビューで、男泣きする玉鷲(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】破壊力のある豪快な突き、押しからは想像しにくいが、玉鷲は非常に繊細な力士だ。優勝争いが佳境に入り、片男波部屋には多くの記者が訪れたが、緊張しないようにと取材には応じなかった。取組を終えると、ようやく人懐っこい笑顔に戻る。

 繊細さは趣味にも生かされている。以前はプラモデルを作るのが好きだったが、現在はクッキーなどの洋菓子作りや手芸に凝っている。エルデネビレグ夫人とホールのケーキをつくり、正月に部屋で振る舞ったこともあるという。

 師匠の片男波親方によると、その腕前は「売っているケーキよりおいしい」とのこと。初優勝を記念して今度は何を作ってくれるのか楽しみだ。(相撲担当・佐藤 博之)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース