大坂なおみモデル「GT―R」が完売 ゴーン会長ショックの日産に明るい話題

[ 2019年1月28日 08:30 ]

プレゼントされたGT−Rと大坂(本人インスタグラムから)
Photo By スポニチ

 女子テニスの全豪オープンで初優勝した大坂なおみ(21)の名前が付いた日産自動車のスポーツカー「GT―R」の特別モデルに予約が殺到している。大坂が同社アンバサダーに就任した際に造られた「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」で、昨年末に受け付けを開始。同社によると、既に予約が販売予定の50台を上回り、キャンセル待ちの状態という。予約は2月中旬まで受け付けている。

 ボディーカラーは、白と黒、ミッドナイトオパールの3色。内装などに、大坂の意見を取り入れて設計された。価格は約1260万円。26日まで本社ギャラリー(横浜市)に展示され、多くの人が詰め掛けた。訪れた人によると「大坂さんのモデルと館内放送されると、たくさんの人が集まってカメラのシャッターを一斉に切っていた」という。

 実は大坂は、幼い頃から日産車との縁が深い。昨年9月に行われたアンバサダー就任式では「私の父がずっと日産車を運転していた」と明かした。おっとりした語り口とは対照的に?スポーツカー好き。好きな車について「GT―Rの白」と発言し、その場で同社専務の星野朝子氏が「GT―R、差し上げましょう」と約束した。

 後日、メタルシルバーの「GT―R NISMO」(約1900万円)をプレゼントされ大喜び。同じ型式のGT―Rは、本社と東京・銀座の同社ギャラリーで展示されている。GT―Rに見入っていた40代男性は「大坂さんのようにパワフルで強い女性が乗ると、より格好良く見える」と話した。

 全米に続く4大大会連覇の実績に加え、面白発言や愛らしい性格も相まって大坂人気は急上昇。前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の逮捕など、暗いイメージを吹き飛ばしたい日産にとって“大坂モデル人気”は願ってもない明るい話題だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース