松山が今季最高3位 最終ラウンド67の好スコア 優勝はローズ

[ 2019年1月28日 15:20 ]

最終ラウンドでショットを放つ松山英樹 (AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのファーマーズインシュアランス・オープンは27日(日本時間28日)、カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、6位タイからスタートした松山英樹(26=LEXUS)は、6バーディー、1ボギーの67とスコアを伸ばし、通算16アンダーの272で今季最高の3位タイに入った。

 優勝は世界ランキング1位のジャスティン・ローズ(38=英国)が飾り、賞金127万8000ドル(約1億4000万円)を獲得。首位でスタートとしたローズは、6バーディー、3ボギーの69で回り、通算21アンダーの267で今季初勝利、ツアー通算10勝目を挙げた。

 2打差の2位はアダム・スコット(38=オーストラリア)、松山と並んで3位タイはテイラー・グーチ(27=米国)が入り、今季初戦のタイガー・ウッズ(43=米国)は、通算10アンダーの278で20位タイだった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース