今季初戦のウッズ 20位タイも目標の2桁アンダー到達「試合勘も戻りつつある」

[ 2019年1月28日 15:21 ]

最終ラウンドでショットを放つタイガー・ウッズ (AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのファーマーズインシュアランス・オープンは27日(日本時間28日)、カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、今季初戦となったタイガー・ウッズ(43=米国)は、首位と11打差の通算10アンダー、20位タイで大会を終えた。

 第1ラウンドから70、70、71と思うようにスコアを伸ばせなかったウッズ。それでも、最終ラウンドでは6バーディー、1ボギーの67を叩き出し、目標としていた2桁アンダーに到達。ラウンド後には「日に日に状態が良くなり、ミスが少なくなった。試合勘も戻りつつある」と大会を振り返った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース